古参竹:こさんだけ(布袋竹:ほていちく)の剥き方、料理の使い方!

皆さん、古参竹(こさんだけ)って知っていますか?
今の時期に食べられるタケノコで、正式名称は布袋竹(ほていちく)と言うようです。
たまたま知り合いからいただいたので、早速食べてみました!!

で、問題….どうやって食べればいいの?剥き方は?下処理は?特に疑問だったのが、

どこまで剥くのか?

『剥きすぎて、無くなっちゃわないか不安…』

よく分からなかったんで、詳しい人に聞いたやり方を紹介します!

-SPONSORED LINK-

 

古参竹(布袋竹)

細長いタケノコです。南九州に自生していて、地面から30センチくらい出ているのをポキッと折って採るみたいで、採ること自体が楽しいみたいです。
機会があれば採るのもやってみたい!!!

 

剥き方

まず、上から5センチ位のところを斜めに切ります。

こうして~

こうっ!

で、白くなった部分の上から
下に引っ張ります!

こうして~

こうっ!

ピントが…

このまま下に引っ張ると、コンビニおにぎりの剥き方①みたいに下まで剥けます!

で、下まで剥いたら剥けたところから左右にパッカーン開きます!

おにぎりの②③ですね!

こうして…

パッカーン!!!

外の硬い皮が簡単に剥けました!!

 

竹になってしまった硬い部分(下の方)は
折って捨てます。

*軽く曲げて、ポキッと折れる所で折る。↓

ここを~~~~

ポキッ!!

あっ!!!

折れたのが上すぎた….まだ食べられるところまで下にいってしまった…

これは私が下手なだけです。笑

 

気を取り直して。

 

折った上の部分の、
色のついた硬めの皮を剥いていきます。

こんな感じで下から上へ…

できたっ!!!!

!?!?

ちっさっ!!

こんなもんになっちゃうんですね…

ピニール袋いっぱいにもらったのに、残ったのはほんのちょっとです。

ちょこっ。

食べられない部分との比較が、悲しくなる。

-SPONSORED LINK-

 

下処理&食べ方(レシピじゃないよ)

前記した通り、このタケノコのうれしいポイントは灰汁がほとんど無いこと!

だから、面倒な下処理はいりません!これ最高です!

 

我が家では、

  • 筍ごはん
  • タケノコの味噌汁
  • 焼タケノコ
  • 焼タケノコイタリアン風(?)

にして食べました!

 

作り方は超簡単。

筍ごはん

切った筍とその他の具材を、調味料を入れた米とともに炊飯器で炊くだけ!

タケノコの味噌汁

水の状態からタケノコを入れて、普通に味噌汁を作るだけ!

焼きタケノコ

アルミホイルでタケノコを包み、魚焼きグリルで焼くだけ!オーブンでもいいみたい!

様子を見ながら焼いたら、グリルだと中火で20分くらいでした!

焼く前にバター・オリーブオイル・ニンニクを塗って塩を振ったイタリア風と、何もしないそのままの2バージョン作ったのですが、どっちも美味しかった!!
何もしていないやつは、今回はワサビ醤油で食べました!

 

時期の物を食べると、日本に産まれてよかった~

って気分になりますよね♪

 

この話題については以上です!